特長・機能提供形態導入までの流れ活用事例導入事例背景地図について

デジタル世界地図帳「ゲオグラフィア」をアップデートしました(2021/ 5/19)

いつもゲオグラフィアをご愛顧いただきありがとうございます。

ゲオグラフィアがジオカタログ社製Raumkarte2020年版にアップデートされました。
アップデートに合わせ、新たに2つのレイヤ「言語分布」と「兵役」が追加となりました。
「言語分布」では、世界に何千と存在する言語を、諸語や語派単位で表現しています。
「兵役」は、各国の国防に関する意識の違いを垣間見ることができる内容です。
今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

更新箇所は以下のとおりです。

  • 「ベースマップ」の地形図ベクトルを更新しました。
     インド・パキスタン(カシミール)の国境線を更新。ネパールの国名を変更。
  • 陰影段彩画像にあった欠損を一部補完いたしました。
  • すべてのレイヤで「レイヤ透過度」を任意に設定できるようになりました。
  • 以下の2レイヤの内容を更新いたしました。
    「大麻規制」アメリカは規制緩和、ヨーロッパは規制強化の傾向。
    「海外安全情報(日本外務省)」新型コロナ蔓延の危険度を示す感染症危険度には非対応。
  • 新しく以下の2レイヤを追加いたしました。
    「言語分布」言語を語族の下位分類である諸語や語派単位でプロット。
    「兵役」各国の兵役制度。多くは「徴兵」と「志願制」の2つに分類。

Raumkarteの最新情報は、下記リンク先をご覧ください。
https://geocatalog.co.jp/map_database/release.php
■ 更新情報一覧
2021/09/01【更新情報】
操作説明書を更新しました。
2021/02/10【更新情報】
パンフレット、リーフレットを更新しました。
2020/12/22【リニューアル情報】
デジタル世界地図帳「ゲオグラフィア」がリニューアルしました(Flash廃止)

※注意事項
■InternetExplorerには非対応となっております。
■仕様上、地図の南北移動に制限がありません。また、東西移動のようにループしません。
■ゲオグラフィアからの直接印刷は未実装です。画像は作成できますので、画像ビュアーなどから印刷することで機能は代替できます。
■ログイン時「ログアウトできていないため、ログインできない」旨のメッセージが出ましたら、いったんログアウトしてから再度ログインしてください。
■画面右側にあるレイヤ一覧の最上段に上下の矢印があります。これは選択しているレイヤの重なり順を変更する機能です。
地図上でオブジェクトの上下順は入れ替わりますが、レイヤ一覧は変化しません。
■一部の凡例が機能しておりません。
■デモサイトは一時的に閉鎖しております。

2020/04/06【機能更新】

●主題として、行政区画別推計総人口英国外務省テロ危険情報英国外務省海外安全情報の3レイヤを追加しました。
●地形版のベクトル及び注記について、主題ポリゴンの上に表示できるよう改善しました。
●モーリタニア・イラクの国旗を更新しました。

Geographia(ゲオグラフィア)とは

「Geographia」は日本製の全世界の地図データベース(※)上に
「外交関係」、「文化・文明」、「政治・経済」、「自然環境」などの情報を空間的に表示しています。
『視覚』に訴えることにより、法人としての新たな戦略、防護に寄与することが期待されるWebサービスです。

詳しくは「特長・機能ページへ」

(※)地図データベースはジオカタログ株式会社の中縮尺世界地図データベース日本語版空間地理情報データベースRaumkarte(ラウムカルテ)を使用しております。